ドレスコードとは

HOME|服装とファッションshow

ドレスコード

 スポンサードリンク

服装とファションのコンテンツ

服装とファッションshow HOME  礼服  ドレスコード

ドレスコードとは

スポンサードリンク


招待されたドレスコードで、ドレスコード(転載画像)
招待状に、
  • Black tie
  • Cravate noire
と書いてあるときに着用する服装を知っていますか?


ドレスコードとは、その式での服装の決まりやルールのことを言いますが、
では、ドレスコードが「ブラックタイ」とされる場合は
何を着たらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ドレスコードが「ブラックタイ」とされる場合は何を着たらいいのか?
正解は・・・







タキシード
A.タキシード 



ブラックタイの意味は「黒いネクタイ」ではなく、
服装全体の名前の事。


名前の由来は、タキシードに黒い蝶ネクタイが使われているために
ブラック・タイと呼ばれています。では、反対に、


「ホワイト・タイ」と呼ばれているものがありますが、
これはどんな服装のことを言うのでしょうか?
正解は・・・









A.燕尾服 


燕尾服は白い蝶ネクタイを用いるためホワイト・タイと呼ばれています。


ですから、ドレスコードが「ブラックタイ」とされる場合は
一般的な弔事に参列するブラックスーツ+黒ネクタイ
では無く、必ずタキシードを着るのが正解なんですね。


◇ 一般的なドレスコードの意味とは?

冠婚葬祭、正式なパーティー、公式の行事など、
その場にふさわしい服装の基準のこと。


その式の関係者 (会場の人・主催者など) 同士で、
「当日、どうしよっか?」
「そうだなぁ、当日にふさわしい服は・・平服でいいんじゃない?」
「オッケー、じゃあ平服で」


みたいな会話の後、招待状や案内状に、ドレスコードを記す、
これが招待する側のマナーでもありますが、


そんな感じで、服装のマナーを決めること、礼装(礼服)を指定することが、ドレスコードということになります。


高級レストランなどの商業施設でも服装による
入場規制をすることを、ドレスコードと呼ぶこともあります。

◇ お国的なドレスコードの意味とは?

一般庶民ではなく、お国レベルでのドレスコードもあります。


これは、役職とかどれぐらい格があるか
  • ※ 王室、首相、閣僚、大使、その関係者など

によって、また、儀式や晩餐会の内容に応じて、その式に合った
服装(ドレスコード)が細かく、伝統的に決められています。

◇ ドレスコードの英語表記は?

英語で ” dress code ” と表記されます。


それぞれの意味は、
” dress ” は、「衣服・正装」の意味で、
” code ” は、「礼儀作法・慣例・規範」


などの意味なので、2つを合体させると、
「服装規定」「服装規制」とか訳されたりしますね。


◇ ドレスコードの読み方とは?

  • 「ホワイトタイ着用(White tie)」
  • 「ブラックタイ着用(Black tie)」
  • 「平服(Informal)」
  • Black tie optional
    •  ⇒ 「タキシードはご随意に」という意味。
    • タキシードがピッタリな場所ですが、ビジネススーツなどでも良いですよ、というある程度幅のあるドレスコード。
    •  
    • 国際会議など、タキシード着用の習慣がないお客さんがいる場合に多く見られます。
  • ビジネスフォーマル
    •  ⇒ 仕事上の会合で改まった席の場合、ダークスーツに黒の蝶ネクタイをするスタイル。
  • ノースニーカー
    •  ⇒ ×スニーカー、つまり「革靴で来てください」という意味。
    • 服装は必然的に、革靴に合うスーツということになります。
ちなみに、「平服」で、
ブラックスーツ+白ネクタイの略礼装
通用するのは日本だけなので、


海外でのパーティに出席する際には
注意ですね。


また夫婦やカップルの場合、お互いの
服装のランク(格)を揃えることも大切です。


結婚式では・・・
私たちが最も多く出席するフォーマルな場は、結婚式だと思いますが、
一般的な結婚式のドレスコードは、
招待状に特に記載がない場合は準礼装 or 略礼装となります。
また結婚式の場合、女性は以下のような点に注意しましょう。


  • 教会や神社では、できるだけ肌の露出を控えた服装にする。
  • 白やアイボリーがメインとなった服装を避ける。
  • 花嫁のドレス(お色直しのカクテルドレス)の色が事前にわかっている場合は、それと似た色を避ける。
  • 全身を黒でそろえるのは、弔事を連想させるので避ける。
  • 披露宴では、匂いのきつい香水はつけない。
  • つま先の出たサンダルやカカトのないミュールは避ける。
  • 蛇革やワニ革など爬虫類の革を使ったバッグや靴は、殺生を連想させるので避ける。

また男性の場合、黒のスーツに白いネクタイというスタイルが
一般的です。しかしこれは、日本国内ではOKですが、
海外、特に欧米ではNGのスタイルです。


ネクタイを新調するならば、国内・海外問わずに
フォーマルとして使用できる「シルバー」や「白黒ストライプ」を選ぶことをオススメします。


旅先では・・・
海外旅行に行く場合、できるだけ荷物を軽くしたいから、
とカジュアルな服装になることが多いのではないでしょうか。


しかし欧米の高級ホテルやレストランでは、
Tシャツや短パン、サンダルなどのカジュアルすぎる服装の場合、
入店を拒否されることもあります。


シワになりにくい素材のジャケットワンピース
衿付きシャツ、サンダルやスニーカーではない靴などを用意して、
その場に合った服装を心がけるのもマナーのうちです。

◇ ドレスコード関連コーナー


 スポンサードリンク

メニュー

メニュー

 スポンサードリンク|

このページのTOPへ ↑↑  メニューへ ↑↑  HOME(服装とファションshow)へ

服装とファッションのサイト

 スポンサードリンク

Copyright  ( C )  服装とファションshow  All  Rights  Reserved