着物の柄の解説♪

HOME〜服装とファッションshow〜

着物の柄

 スポンサードリンク

服装とファションのコンテンツ

服装とファッションshow HOME  着物の知識  着物の柄

着物の柄(がら)について

スポンサードリンク

着物の柄には、多くの種類があり、着物の生地の色も赤を中心に、
たくさんの種類がありますが、着物の柄には、特に吉祥文様(きっしょうもんよう)という、おめでたい柄のことをまとめて言う言葉があります。


この代表的な柄には、植物でいうと、松・竹・梅
  • 【※ 他に牡丹ぼたん や、四君子しくんし(=竹・梅・蘭らん・菊のこと。
  • など。】
などがあり、動物でいうと、
つる ・亀かめ ・龍りゅう ・鳳凰ほうおう などの柄があります。


また、吉祥文様(きっしょうもんよう)以外にも、御所解文様
  • 【※ 御所解文様(ごしょどきもんよう) とは、風景を描いたもののことで、御所車(ごしょぐるま)・扇・四季の花や木、几帳(きちょう)、流水、などの文様があります。
という、公家(くげ) の生活に関するものを文様にした、
小袖(こそで) に使う模様の一種もあります。

スポンサードリンク



- 友禅染 -

また、刺繍(ししゅう) や、染め物の手法の1つである、
友禅染 (ゆうぜんぞめ) というのもあり、


友禅染(ゆうぜんぞめ) という名前は、
元禄時代に扇に絵を描く、扇絵師であった、宮崎友禅斉(=みやざき ゆうぜんさい)がこの染法を活用したことが由来だといわれています。


友禅染(ゆうぜんぞめ)は、華麗で色とりどりな絵模様をしており、
いまでは大きく分けて、京都の京友禅 と、金沢の加賀友禅(※京友禅より、藍色緑色が多く使われてるのが特徴です。) の2つがあります。


また、織物の中では、
打掛(うちかけ) の中で一番多いといわれる緞子織
  • (どんすおり。中国伝来の絹織物)
や、これも中国の唐伝来の 引箔織(ひきはくおり)、
金、銀に輝く、唐織
  • (からおり。=唐織物とも。これも唐伝来のものをいいますが、
    これらに似せて日本で織った金襴きんらん ・緞子どんす ・繻珍しゅちん
    などをいうこともあります。)
や、金箔や漆を使用している 佐賀錦織(さがにしきおり) などがあります。




- 着物の柄  - 関連コーナー -


 スポンサードリンク

メニュー

 スポンサードリンク|

このページのTOPへ ↑↑  メニューへ ↑↑  HOME(服装とファションshow)へ

服装とファッションのサイト

 スポンサードリンク

Copyright  ( C )  服装とファションshow  All  Rights  Reserved