着物の種類

HOME|服装とファッションshow

着物の種類とは

 スポンサードリンク

服装とファションのコンテンツ

服装とファッションshow HOME  着物の種類

着物の種類

スポンサードリンク

着物の種類には、大きく分けると に分けられ、男性の着物女性の着物にはそれぞれに、
などの格式の礼服があり、また、男女兼用のユニセックスなタイプの和服は基本的にないとされています。


スポンサードリンク




- 着物の種類はどれくらいある? -

そして、着物の種類は、
  • 十二単(じゅうにひとえ)
  • 衣冠束帯(いかんそくたい)
  • 着流し(きながし) 
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 紬(つむぎ)
  • ウール着物
  • アンサンブル着物 
  • 道行コート(みちゆきこーと)
  • 被布(ひふ)
  • 直垂(ひたたれ)
  • 小紋(こもん) 
  • 大紋(だいもん)
  • 素襖(すおう)
  • 裃(かみしも)



などの種類があり、


平安時代の着物である、平安装束 で言えば、
  • 十二単(じゅうにひとえ)
  • (うちぎ)
  • (あわせ)
  • 単衣(ひとえ) 
  • 唐衣(からぎぬ)
  • 細長(ほそなが)
  • 束帯(そくたい)
  • 直衣(のうし)
  • 狩衣(かりぎぬ)

などがあります。


また、他に、
  • 作務衣(さむえ)
  • 丹前(たんぜん)

などもあります。


- 着物の種類  - 全身に着る着物 -

全身に着る着物としましては、


- 着物の種類  - 上半身に着る着物 -

  • 羽織(はおり)
    • 羽織紐(はおりひも)
    • 羽織紐の結び方(はおりひものむすびかた)
  • 法被(はっぴ) 
  • (うちぎ)
  • (あわせ)
  • 丹前
    • (たんぜん。=どてらのことで、綿が入った日本式の広袖の羽織のようなもの。)
  • 東コート
    • (あずまコート。=吾妻コートともいう。雨・風・寒さをしのぐための女性用のコートのこと。)


- 着物の種類  - 下半身に着る着物 -

  • ニッカポッカ 
  • 裾除け(すそよけ。腰巻こしまき とも。)


- 着物の種類  - 着物の下着 -

着物の下着(和装下着)には、
  • 襦袢(じゅばん)
    • 長襦袢(ながじゅばん)
    • 半襦袢(はんじゅばん)
    • 肌襦袢(はだじゅばん)
    • 赤襦袢(あかじゅばん)
    • 白襦袢(しろじゅばん)
    • 二部式の襦袢(にぶしきのじゅばん)
    • 襦袢の着付け(じゅばんのきつけ)
  • 晒(さらし)
  • 替え衿(かええり)、
  • 裾除け(すそよけ。腰巻こしまき とも。)
  • 腰巻(こしまき)
などがあり、好みや季節に応じて変えられます。


- 男性用の下着 -
男性用の下着には、
  • ステテコ
  • ふんどし(褌)
    • 六尺褌(ろくしゃくふんどし)
    • 越中褌(えっちゅうふんどし)
  • Vネックのシャツ
などがあり、
- 女性用の下着 -
女性用の下着には、
  • 和装ブラジャー
  • 和装ショーツ
  • 東スカート(あずまスカート)、
  • 着物スリップ(=肌着と裾よけが一緒になったもの)
などがあります。


- 着物の種類  - 関連コーナー -


 スポンサードリンク

メニュー

メニュー

 スポンサードリンク|

このページのTOPへ ↑↑  メニューへ ↑↑  HOME(服装とファションshow)へ

服装とファッションのサイト

 スポンサードリンク

Copyright  ( C )  服装とファションshow  All  Rights  Reserved