装身具

HOME|服装とファッションshow

装身具

 スポンサードリンク

服装とファションのコンテンツ

服装とファッションshow HOME  装身具

装身具

スポンサードリンク

装身具とは、そうしんぐ と読み、これは、ファッションの小物の中でも、
特に ネックレスブレスレットなどのような、
身体に飾って装う道具などのことをいいますので、
う、体に身につける道などと覚えたら分かりやすい? と思います。


- 装身具の別名 -

などとも呼ばれますが、これらは
ファッションの小物全体を指す言葉でもあります。

スポンサードリンク

- 装身具の種類 -

(※ 和服に関しては、着物の小物コーナーをご参考ください。)


身体の部分別にご紹介しますと、

他に、全身につけるボディーピアスなどがあり、また、広い意味では、
ベルトや名札や勲章や腕章、神社のお守りや登山者が付ける熊除けの鈴、王冠、錫杖なども装身具に含まれます。


- 装身具の素材 -

装身具の素材にする基準は昔から、身体に害がなくて、環境にあまり変化を受けにくいもの などがあり、そういう素材が使われてきました。


ですが、元々は自然の素材(※ 動物の角や歯、牙などを加工したもの、
木の実や花、貝殻 など) から作られており、今では、
七宝やエナメルなどのセラミックや、天然や合成の樹脂、クリスタルガラスなどの
ガラス、プラスチック などのいろんな素材が使われるようになりました。


また、日本などでは、宝石や貴金属で作られた装身具は宝飾品(ジュエリー
と、そしてそれ以外の素材の装身具はアクセサリーと呼ばれますが、
欧米ではどんな素材を使っても、装身具 = 全てジュエリー と呼ばれています。


そして、宝石や貴金属で作られた装身具はファイン・ジュエリー と、
それ以外の安価なものや貴石などの素材を使ったものは
コスチューム・ジュエリー と呼ばれて区別されたりもします。


- 装身具の歴史 -

日本では縄文時代から耳飾や腕輪(うでわ) などが、
そして古墳時代にはキレイな金や銅のメッキの装身具が作られ、
現代では、その多くが貴金属で作られています。


男性がつけるのが一般的になったのは近年であり、また、今では、
見た目などで選ばれている装身具ですが、元々の起源は、
魔力があるとされたことから、敵から身を守るために常に身につけていたり、
呪いの儀式のとき などに着けられていました。


また、身分を人にアピールするときや、宗教では、十字架のモチーフのものを身につけてお祈りしたり、という歴史が世界中にあり、今に至ります。


- 装身具  - 関連外部リンク -



- 装身具  - 関連コーナー -



 スポンサードリンク

メニュー

メニュー

 スポンサードリンク|

このページのTOPへ ↑↑  メニューへ ↑↑  HOME(服装とファションshow)へ

服装とファッションのサイト

 スポンサードリンク

Copyright  ( C )  服装とファションshow  All  Rights  Reserved